生活保護裏技 節約生活ブログ 審査の甘い消費者金融 ETC裏技 無料オンラインゲーム

雇用保険しくみ

雇用保険は、失業給付などの財源は国が原則25%負担し
残り75%を雇用保険料から捻出する

国の負担割合は2007年〜社会保障費抑制のため
13.75%に削減中

2008年現在の保険料率は月給の1.2%
集めた保険料が余れば積み立て、不足すれば積立金を取り崩し

現在2008年12月は、積立金が5兆円余っているが
不景気に入ったのでこの積み立てが減っていくでしょう

また政府はこの積み立て料率の引き下げを目論んでいる為
達成されれば失業給付金の減額など起こる可能性もあり

雇用保険の入り方

正社員でも派遣社員でも原則、週20時間以上働き
1年以上の雇用継続がないと入れない

だいたい週20時間はクリアするのですが
派遣の場合、1年以上の雇用継続が満たされない場合が多いのです。

これを知らない派遣の方は会社に申し出をする必要があるのですが
仕事を打ち切られるのを恐れて「加入したい」と

言い出せない人も多数いる模様
ここは悩ましいところ



月収50万以上

ハローワークの求人で月収50万以上の仕事は見たことない
こんなことを言うと夢も希望もないようですが現実です。

何がいいたいかというと期待はしない方が賢明です。
であんまり無茶な希望をハローワークに言うと再就職の希望なしと

誤解を生むので気をつけよう
そんな経験あり

失業給付手続きの期限

基本手当て受給期間は離職後1年間なので速やかに活動しよう
手続きは離職後いつまでしなければならないという規則はありません

しかし受給期間を過ぎてからだと手続きそのものができず
のこっていようが支給されません

例えば離職後、就職はすぐ決まる予定だったので失業給付手続きを
しなかった優秀な人がいたとしましょう

何かの歯車が狂って半年後、仕事が決まらず慌てて手続きをした場合
残り6ヶ月でも実際9ケ月分本当はもらえる場合でも

1年を過ぎるので減ってしまうという感じです
失業の手続きは退職後すぐ活動しましょう

懲戒免職(懲戒解雇)

世の中懲戒解雇される人結構いるんです
何人も見てきたよ

大体、女かギャンブルが多い
で会社の金使い込むみたいな

懲戒解雇でも雇用保険は基本はOK
ただ会社側が失業給付に必要な手続きをしない場合があるので

懲戒解雇されて失業保険をもらいたい方は
所轄のハローワークに相談しよう

病気やけがで退職

病気やけがで退職した場合、すぐに働けないので
給付は受けれません。

働ける状態になるまで支給がストップ
ただ基本手当ては離職後1年により長引けばもらえれなくなります

そこで受給期間延長申請書に医師の診断書を添えてハローワークで確認しましょう

派遣社員と雇用保険

派遣社員でも被保険者として雇用保険料を払っていればもらえるのですが
最近は、財政難などで法改正で厳しくなっています

加入期間が6ヶ月で受給資格が得られたが
自己都合に限って1年に引き延ばされた。

だから自己都合で辞める場合は1年以上必要
ここはポイント

雇用保険の被保険者になれない人

法人の代表者や監査役・取締役など会社の代表関係者、
農業や漁業協同組合の役員、
生命保険、損害保険会社の業務請負外務員、
アリバイト・パートタイマーのうち1週間所定労働時間が20時間未満の人、
外国で就労している人、
公務員及び国・地方自治体に準ずる団体の職員、
満65歳の誕生日以後に新たに雇用される人
など

雇用保険って何

失業した労働者を救済する国の保険制度です。
正社員なら給料明細を見よう

雇用保険料として引かれているはずです
労働者が失業した時に必要な給付を行うことにより

労働者の生活の安定を図るとともに求職活動を容易するなど
その再就職を促進すると雇用保険法で定められている

いわゆる失業保険

失業など給付という名称のもとに
その救済措置の範囲が幅広くなっています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。