生活保護裏技 節約生活ブログ 審査の甘い消費者金融 ETC裏技 無料オンラインゲーム

受給金額計算方法

失業保険の受給金額は基本、
離職前の6ヶ月間の賃金を元に計算されるという

だからこの期間に残業や休日手当てなど多めに働けば
給付金額も増えるわけです

しかし、誰もそこまで考えて辞める準備はしませんよね
逆にこの期間に仕事や収入が減れば受給金額も落ち込むということです。

非情

失業保険金額

実際失業給付はいくらもらえるのか?誰もが気になるところ
だいたい在職中の賃金の45%〜80%あたり

働いていた最後の6ケ月の賃金を分析して
1日あたりの賃金日額を出します

これを元に基本手当て日額をだして決定
例えば

1月〜6月まで月200,000円が給料だったら
合計1,200,000円÷180日(6ヶ月)=6,666円

6,666円の65%で4,300円/日
4,300×90(3ケ月)=387,000円という感じ

この45%〜80%は年齢や賃金日額で決められています。
基本手当日額は年齢区分ごとにその上限額が定められており、
現在は次のとおりとなっています。(平成20年8月1日現在)
30歳未満 6,330円
30歳以上45歳未満 7,030円
45歳以上60歳未満 7,730円
60歳以上65歳未満 6,741円
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。