生活保護裏技 節約生活ブログ 審査の甘い消費者金融 ETC裏技 無料オンラインゲーム

解雇予告通知

もしこちらの落ち度がないのに解雇されたら
会社をこの方法でやっつけろー

働いていて使用者が従業員に重大な就業規則違反などが
あって解雇する場合を除いて少なくとも

30日前に解雇するか、30日分以上の賃金を払わなければ
ならないという制度があります。それが解雇予告手当

この制度は労働基準法で定められています。
正社員やパート・アルバイトも請求できるが

一定の期間が必要。短期のバイトは要注意。
例えば15日前に解雇通知があれば30日前という

制度から30−15の15日分の手当てを貰う権利が
あるということです。ボーナスや退職金は、

賃金と違って支払い義務づけられているわけではないので慎重に
この制度は使用者が知らなかったり

使用者が払いたくない為もめる可能性もあります。まず困ったら
最寄の労働局や労働基準監督署の労働相談センターで相談するのがおすすめだそうです。

相談無料

ところで給料未払いで会社が倒産してしまって困ったら
労働署の認定を受けるなど一定の基準を満たせば

6ヶ月前から未払いになっている賃金と退職金が
80%”労働者健康福祉機構”から支払われる。

上限は年齢によって88万〜296万。

相談場所は労働者健康福祉機構へ
こちら

よりよい社会を目指すためにも泣き寝入りはダメ
あなたのその勇気が自分自信や社会を豊かにするのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。