生活保護裏技 節約生活ブログ 審査の甘い消費者金融 ETC裏技 無料オンラインゲーム

就職安定資金融資制度

就職安定資金融資制度とは、敷金や礼金、引越し代金など
生活費の名目で最高186万円を年利1.5%の低金利で借りられる

場所:ハローワーク
担保・保証人:なし

日雇い雇用保険

日雇い雇用保険は、ハローワークで被保険者手帳を受け取り、
働いた日に派遣会社から専用の印紙をはってもうらうことで

加入者は通常の雇用保険のほか、印紙代金(96〜176円)を
労使折半で支払う

直前2ヶ月で印紙を26枚以上集め
仕事がない日に派遣会社から”派遣契約不成立証明書”を受け取り

ハローワークに持参すると
賃金額に応じて

1日4000〜7500円の失業手当てを
月13〜17回まで受給できる。

労働問題訴える

賃金未払い:簡易裁判所
解雇問題:地方裁判所
その他労働問題:訴訟目的の金額90万以下簡易
90万以上地方裁判所

労働問題相談

労働問題全般相談先:組合やユニオン

賃金・労働時間・労働災害の相談先:労働基準監督署、都道府県の労政課

雇用保険:公共職業安定所、ハローワーク

年金の問題相談:社会保険庁

退職の税金問題:税務署

法律全般:都道府県の無料法律相談所など




死亡

一定の条件を満たした被保険者であった人が死亡したら
遺族厚生年金や遺族基礎年金が支給されます

子と妻には両方
その他の遺族なら遺族厚生年金

障害状態

厚生年金保険加入中に障害者になったら
政令で定められた一〜三級の障害になった場合障害年金が支払われます。

また三級よりもやや軽い場合は一時金として障害手当金が支給されます


派遣の種類

派遣には、仕事がある期間だけ雇用契約を結ぶ登録型派遣と
派遣会社が労働者を長期雇用し派遣先が無い時も給与を保証する常用型派遣がある

ただし常用型でも全て正社員のような期間の定めのない雇用ではない

常用型派遣は、届出だけで認可される特定派遣事業所の資格で行える
一方登録型は一般派遣事業所の資格が必要で資産1千万以上などの要件があり

行政が実際に事業所を見たうえで許可を出す
ここで常用型の方が簡単で楽ということ

そこで常用型の派遣事業所なのにだまされて登録型のように
使われている派遣の方もいるようですよ

常用型だったら福利厚生など有利に本当は出来るのに損していないか
確認する事を勧めます。

健康保険

会社を退職すると被保険者の資格は雇用関係がなくなった日の翌日から消滅します。

継続させる方法
会社が払っていた分の保険料を自己負担すれば退職後2年間に限り
在職中の健康保険が使える

被保険期間が1年以上あると在職中に治療を受けていた病気や怪我については退職後も
在職中からの健康保険から医療費の支給が受けれます。

国民健康保険を取得

退職後就職まで時間がかかる場合などどれがお得か検討しよう

個人破産で解雇

個人破産で会社に解雇をせまられたら
はいそうですかと受けるのは早計

個人破産を理由に解雇できないと思います

リストラで解雇の条件

リストラで解雇を受けようと考えている場合
再就職先の紹介と退職金割り増しだけは条件にいれたい

リストラ解雇対抗

会社がリストラする場合露骨に進める場合あり
社員1人が闘っても勝ち目が薄いと思われます。

そこで
労働組合、労働基準監督署、労政事務所、労働委員会、ユニオン、
親身な政治家、裁判所など

まずは相談すること

自分1人で悩まず労働者の救済機関に相談するのが早道
地域ユニオンや管理職ユニオンなどもあります

それでもゆうことを聞かない場合
最終的には裁判で白黒も。。

会社は一方的に社員を解雇できるのか

いやできないだろう
不況だけを理由に社員を解雇するのは難しいはずだ

法律上、社員の解雇が認められるケースは限られている

退職金

退職金の支払いは法律上必ずしも会社に義務付けられているもではない
会社で退職金について就業規則が規定されている

退職金は自己都合より会社都合のほうが多くなる可能性が高く
社歴が長い方が金額が多くなる傾向

支給日に在職していなければボーナスはもらえない?

退職した社員がボーナスをもらえるかは基本その会社規定による
退職した社員はボーナスをもらえないという規定が多い

ボーナスっていうのは半年前の実績のご褒美みたいなところがあるんで
本当はもらえてもいいと思うんですけどね



会社でいじめにあっている

いじめに関する法律の規定がありません
会社ぐるみのいじめか個人的ないじめにあっているのか

個人的の場合個別に当事者と話してみてはどうでしょう

リストラの一貫など組織ぐるみだったら
悪質なので弁護士と相談して法的手段も検討する

セクハラ

セクハラとはセクシュアル・ハラスメントの略
セクハラの定義は、相手方の意に反する性的な言動があること

仕事上の不利益を受けるおそれのあること
職場環境が悪化すること

セクハラはどこからかが難しい

結婚退職制度

結婚したら退職を勧められた経験の方はいませんか?
結婚退職制度は均等法からも違反

女子の賃金が安い

女子の賃金が安いのは何が理由?
一律に女子の賃金を低くする事を許されない

転籍出向

転籍出向は会社の命令で社員が別の会社に移る事です。
在籍出向と違い、社員の身元は別の会社に残りません

転籍出向は社員の同意がなければ命令出せない

出向命令

出向命令が有効かどうかは本人の同意の有無が大きな判断基準となる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。