生活保護裏技 節約生活ブログ 審査の甘い消費者金融 ETC裏技 無料オンラインゲーム

最終的には独立

就職も決まらない
仕事は派遣しかなく社会保障が薄いのでどうしよう
年下に指図を受ける
など

納得できない事も
そこで

他人事ではないですが
独立したら

うまくいけば給料も増えるし社会保障は自分で頑張った分だけつけれるし
年下に指図されないし、変な付き合いは不要だし、遅刻してもいいし

メリットがありすぎて書けない

他人事を反省して

独立で借金まみれは避けたいので
自宅で出来るような仕事がいいのでは

例えば電話一本で出来る仕事なんか
資金も100万以内で納まる

修繕屋なんか電話一本でできます
パソコンでチラシを作ってそれもインクジェットで1000枚ほど
用意

近所に配る、インターネットでブログ使って修繕屋PR
で、家族サービスしながら待つ

近所チラシは、お年寄り向け(年寄りは喜ぶぜ)
ネットの方は、働き盛りの30代、40代世代向け

競争があってダメだった場合
損したのはインク代と電気代と電話代とプロバイダー料と自分で動いた労働力

これなら路頭に迷わないよね

年収1000万以上で楽な会社員ならいいけど
そうでなければ最終的には独立を目指して働こう

独立するかしないかの問題ではなく独立を視野に入れた働きが重要なんだ

金になる資格は少ない

資格っていうのは自分の自信になるかもしれないし就職に役立つかもしれない
人間勉強しているヤツが勝つと思うのですが金になる資格は少ないよ

税理士なんかは資格を採れば近い将来独立も視野に入り
よっぽどぼんくらではない限りそれなりの収入が入る



簿記3級じゃなかなか独立もできないし就職が決まる大きな決定的な資格ではない

また、社会保険労務士なんかは税理士ほど稼げないし

ということで資格を採ろうと考えているなら
その資格のことを分析することをおすすめします。

深く考えないで資格をなんとなくでは
時間の無駄になってしまう場合もあります

無駄も必要といえば必要なんですが。。

履歴書

履歴書の書き方

文字は、1字1字丁寧に書こう
略字や誤字、丸字など避けよう 

印鑑は、まっすぐに
曲がったり、かすれはダメ

健康状態は
きわめて良好がいい

志望動機は、熱意が伝わるように
給料がいいからではダメ、会社の経営理念に共感した内容など含めば良好

履歴書ではどこの学校卒業、どこどこの会社入社などしか書けないが
ここは、仕事のキャリアも紹介したい

職務経歴書なんか別に添えれば効果的だと思う
例えば全国営業1位になったとか受付応対3級取得したとか

日本で自分しかない技術があるとか(内容はたいした事はなくてもあまり知られてなかったらおもしろい)

職務履歴は便箋に署名、捺印しその職務履歴を簡潔にまとめておく


会社はどんな人材を求めている

会社によって様々かもしれないが
スペシャリストは会社にとっても魅力的かも

これだけはめちゃめちゃ詳しいとか
あと

営業も経理も商品企画も一通りそこそこできる
経理なんか簿記を本で勉強したりして基礎を作る

営業なんか休みの日になんか商品考えて飛び込んでみる
商品は興味あるものを調べてみる

どれもスペシャリストでなくてもそこそこトータルにこなせれば会社もほしがる

営業なんかはノルマがあってだるい仕事なんだが
学校では教えてくれないので自分で実践かねて勉強する必要ある

なんでもできだしたら
最終的には独立できるかもしれないね

職探し裏技

裏技の鉄則といて人のいかない道を行く
人の行く道は競争が多いので、人気のない業種を選びのもひとつ

新聞、求人広告、就職情報誌でも
大きな広告よりも小さな広告を重点にチェックを

小さな広告からの方が職探しはうまくいく

職員にやる気をみせろ

面接でも何でもやる気をみせなくてはいい就職は勝ち取れない
そこでハローワークでも職員にやる気をみせて就職させてやりたいと思ってもらおう

ハローワークの職員に色々相談して自分の思いを伝え
アドバイスをもらっていこう

仕事でも営業でもまず自分のファンを作ることがお得


生活保護

失業保険も底をついて就職も決まらない
そのうえ貯金も底をつく

車も家もない
なら最後の砦、生活保護へ

憲法で定められているのでちょっとかっこ悪いかもしれんが
生活のためだ

テレビなんかはいいけど資産が無い状態だから
チェックが入る

申請場所は所轄の役所の福祉事務所
税金だからズルはだめで仕事は継続して探そうよ

未払いの残業代

会社を辞めた後に思い出した
残業のこと

やらされていた残業
はらわた煮えくり返って返して欲しいなら

まずは労働基準監督署へ相談してみてはどうだろう
場合によってはいいアドバイスがもらえるかも

ばか上司から解雇

ばか上司に解雇やリストラや自主退職言われていませんか?
ばか上司がしつこい勧告にははっきりと言ってやりましょう

辞めない



もし嫌がらせが始まれば
家族や友達に伝え

その内容を克明に記録。。録音がいいなー
で会社に通告

会社がこのばか上司に注意や嫌がらせをやめるようしなかった場合は
裁判や

弁護士に相談して勝てるか確認
ばか上司を虐待

ただ、ここで確認
このばか上司はもともとバカだから会社の命令で動かされている場合も多いはず

だから、ばか上司をいわしても本当の解決にはならないかもしれない

観察力やカンを頼って
だれが裏で糸を引いているか見つけることが重要

ばか上司はイラつくけど黒幕はにこにこしているオーナーかも


年俸制

年俸制はほとんどの場合給料が下がる
やったらやっただけ給料が上がるのはないやろう

パイを決めてるから
このパイの取り合いがほとんどじゃないのか

その査定基準を公開してもらう
胡散臭いければ反対を

年俸制をえさに実質人件費削減が目的ということで
監視力を養おう

労働組合

会社に労働組合はありますか?
最近の労働組合はだらしないけどそれでもあった方がいいよね

経営者は労働組合が嫌いダー
なぜなら会社側は労働組合との話し合いを拒否する事は出来ないから

ない会社は経営者がワンマンじゃないのか
無いのなら作ちゃえ

2人以上いるなら組合を結成しましたと宣言する

宣言したからってがんがん会社にゆうこときかせれるとは限らないよ
相手に負かされないよう労働法などの知識が必要だ

大企業なんかは労働組合があるけど経済が下降なら
労働組合なんか役に立たないけど

しかしやるかやらないかはあなた次第!



ボーナスカット

大不況時代突入か?
ボーナスを見よー

12月のボーナスが大幅カットならその会社のリストラが始まるかも
むしろ春以降のボーナスの方が心配かも

ボーナスは給料と違って絶対出す必要のものではないらしい

労働基準法や男女雇用機会均等法や雇用保険法は労働者の見方!
だが

就業規則は会社の法律みたいなみのなんで
社員にはいいことは書いてないけど

危ない会社ときずいたら読んでおく事はオススメだ
念のためにね

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。